自賠責保険と慰謝料


車8

自賠責保険は自動車を運転する場合には加入が義務づけられています。この保険の目的自体は、加入を義務付けることによって、最低限の保証を行えるようにしています。

これは二輪車・バイクを運転する場合にも同様で、保証が必要になる可能性がある場合は、加入しなければなりません。自賠責保険の特徴ですが、自動車を運転中に、他人をケガさせたり死亡させたりした場合を補償し、物損事故は対象外となります。

すなわち人身事故のみが対象となります。人の家のものを壊してしまったなどという場合には、補償外になってしまうため、注意が必要です。

また、ペットについても、物損扱いになってしまいますので、補償はできません。次に、加害者が加入している損害保険会社などに、被害者から直接、保険金を請求することができます。任意保険の場合は、被害者と加害者の話し合いによって、保険会社を介しての請求となることが多いのですが、直接請求することができるのは、自賠責保険の大きな特徴だといえます。

この自賠責保険ですが、加入しないと罰則を受けることになります。

ドライバーとしての資格のようなものですので、必ず加入して、なおかつ内容についても把握しておくようにしましょう。

関連:裁判所・弁護士基準と慰謝料