交通事故被害の慰謝料

慰謝料交通事故は遭わないほうがいいに決まっていますが、もし交通事故に遭ってしまった場合には、被害者として損害賠償と慰謝料を請求する権利があります。事故の被害による、治療費や休職によって受けた損失は、その事故を起こした加害者に対して請求することができます。これが損害賠償請求です。この損害賠償請のなかに慰謝料が含まれています。慰謝料は、実質的な損害というわけではなく、事故にあったことによる精神的な苦痛や負担をお金によって清算するという仕組みです。

この精神的な苦痛の数値化というのは非常に難しいです。それは事故によっても変わりますし、もちろんその人のケガの度合い、パーソナルな要因によっても変動するからです。そこで、慰謝料には相場をある程度決めてあります。これは、過去の事例に基づいたものであり、これを目安に決めることができるのです。しかしながら、いくら知識をもって、一般の方が保険会社と交渉しても相手にされないのが現状です。

交通事故での慰謝料を増額するには弁護士への依頼が必須になります。まずは、弁護士に依頼することによって、実際にどれくらいの増加が見込めるのかを相談する必要があります。慰謝料は、被害者の精神的な苦痛を考慮して、金額に換算して補償するものです。これは、入院や通院でかかった期間や、ケガの場所、後遺障害の有無などを考慮して、総合的に判断されます。交通事故の慰謝料に明確な基準はありませんが、自賠責保険、任意保険、裁判所・弁護士基準による算定基準があります


Top