任意保険と慰謝料


交通事故2

任意保険は保険会社ごとに慰謝料の支払い基準が違います。自賠責保険で公開されている金額を参考に相場を決めている会社が多いと考えられています。自賠責保険との違いですが、車検時、強制的に加入が義務付けられているものが、自動車賠償責任保険です。

加入しないと車検が合格しないため、車検のある自動車やバイクは全て加入しています。

この保険は、自動車による人身事故の被害者を救済するために義務付けされているため、事故による車両の損害賠償には一切適用されません。金額は、死亡による損害に対して3,000万円まで、傷害に対しては120万円までが限度額として定められています。

3,000万円を超える賠償、120万円以上の傷害賠償・物損の賠償・自らの車の損害等を保証してくれるのが自動車任意保険です。

昨今損害賠償の額が高額になっており、自賠責だけでは保証しきれないのが現状です。

保険の自由化に伴い保険の内容は各社様々です。

任意保険は、対人賠償、物損賠償、搭乗者賠償、車両保険の4つに分かれます。個別でも加入出来ますが、ほとんどの方の場合旧PAP自家用自動車総合賠償保険に加入していると思います。対人については、免責もなく、保険会社が示談交渉をしてくれるので無制限を選択している場合がほとんどです。

対物は、稀に免責がある場合があるため確認が必要です。車両保険は、一般車両保険と車対車+A(エコノミー)の2種類があります。

関連:裁判所・弁護士基準と慰謝料